目的と活動内容

那須高原には地元は勿論のこと、那須高原の自然の美しさにひかれ、他県より移り住んで創作している美術家が多数おり,各々の活動に精進しております。私ども那須高原作家協会はこの環境を守りながら,創作活動を通じて,文化の香り高き那須高原づくりに協力・貢献し自分に誇りと信念を持ち、作品の向上に努めます。
那須高原作家協会は平成13年に那須在住のアーテスト有志にて設立いたしました。
以来、那須町を中心に活動を続け、温泉地区の活性化を目的とした「高原の美術展」や「彫刻シンポジュウム」、会員の作品を中心とした、那須高原作家協会展などを毎年開催。地域の芸術文化の向上に微力ながら貢献してまいりました。

1.那須高原作家協会展

那須高原作家協会展は2000年より毎年10月に開催しております。ここ那須を拠点としている作家の陶芸・立体造形・絵画・染色・書・イラスト・写真などの作品が展示されます。会場となるギャラリーバーンの入館・観覧はいつでも無料! 地元作家の作品を間近で鑑賞できる素晴らしい機会をぜひお見逃しなく。

2.那須高原芸術祭

那須の芸術家たちを集めて行う那須高原芸術祭。毎年6月頃に開催しております。
2018年のオープニングは、弦楽亭さんの協力を頂き、弦楽亭室内オーケストラ、THE芸者ストリングス・カルテットの演奏で花を添えていただきました。サッポロビール 森のビール園円形ホール(スピカ)に於いて、150名のお客様をお迎えして開催いたしました。